在宅チャットレディの「裏」ブログ(本家ブログは別にあり)

本家ブログはこちら→https://chatlady-livechat.com/ ツイッターはこちら→https://twitter.com/chatladymari です。こっちは「推敲無し・短時間で書く」そんなゆるブログです。

チャット納めしましたよ

 

 

今年のチャット納めは昨日でした。

夜のみ稼働のアカウントは、もうちょっとギリギリまでやろうかと思ったのですが限界でした。

なので年内の稼働は終了です。

夜のみ稼働のサイトは退会申請済。

 

疲れた...。

 

事務所スタッフの仕事はまだ終わりませーん。

新人さんくるけどすぐやめってちゃう。

しかし私も心の余裕がもてない日は、本気で頑張ってることがわかりやすく伝わってくる子に手厚くなっちゃうんだよなぁ...。

初対面でいきなり威嚇か?っていうくらい、態度が悪いというか、感じが悪い人もいたりして。こわいんだよそういう人...w

いきなり威圧的な態度とる人って何なんだろうねwこわいねw

仕事だから無視はしないけど、そういう人には最低限のことしかやらないなー。

スグ辞めちゃうだろうし、ほぼ間違いなく辞めてくしw

 

そう考えると客と一緒だよな。

良客は良いサービスが受けれる。

イエスマンになれという意味ではない。

客なんだから要望や期待は持ってて当たり前。こっちもそれをサービスに対価を受け取ってるんだから。

でもサービス以上のものを受け取ろうとするには、それなりの客じゃないと無理だし、そもそも「それなりのレベルの客」は遊び方を心得てるので「サービス以上のものを受け取ろう」という姿勢がない。

 

そういうのは「チャットレディ⇔客」としての時間が長くなればなるほど隠し通せず見えてくるものであり、常連は絶えず入れ替わるというのも頷ける。

 

以上から、チャトレディ側の「慣れ」というものも考え物だよな。

いい意味での「慣れ」「素」を出せるのであればそれはもうプロの域。

その「素」のチャットレディの姿を「俺だけが見れる特権」とばかりに客に勘違いさせて優越感を満たしてあげることもできる。

でも完全に「オフですか?」というレベルでチャットレディの鎧を脱いでしまうことはまた違う。

そうなると「客がポイントを消費してることを勿体なく感じて、リアル要求や顧客離脱」に繋がるのでね。

 

人対人なので。

「この人、何が欲しいのかな?」という目でみていくことは大事だね。

商売に限らず、どんな場面でも。

 

みんなまだ年内稼働するのかな?

寒いから風邪ひかないようにしてね。

 

■■□――――――――――――――□■■

メインブログはこちら
在宅チャットレディでお金を稼ぐための商売手帖

 

Twitterはこちら
まり@チャット (@chatladymari) | Twitter

■■□――――――――――――――□■■