在宅チャットレディの「裏」ブログ(本家ブログは別にあり)

本家ブログはこちら→https://chatlady-livechat.com/ ツイッターはこちら→https://twitter.com/chatladymari です。こっちは「推敲無し・短時間で書く」そんなゆるブログです。

チャットレディ+メール=マジで稼げるからやってない人は機会損失半端ない

 

チャットレディの皆さま

メールしてますか?

 

過去にメインブログで書いた記事だけど>>稼ぐチャットレディが使っているメールという武器

 

いやいやwわかっててもできねーんだよ!って思うのは私だけじゃないはずなんですよ。

でもそれってとんでもねー機会損失だよってまた再認識しちゃいましたので、どうかメールについてお悩みの方は、私と一緒に強化していきませんか?

私も強化中なものでして(`・ω・´)ゞ一人より二人!二人よりみんな!

 

 

 

チャットレディはメールを送ろう!

f:id:chatladymari:20181015090839j:plain

 

機会損失は、簡単に言えば、「稼ぎ損ない」や「儲け損ない」のことをいいます。これは、実際の取引(売買)によって、発生した損失ではなく、最善の意思決定をしないことによって、より多くの利益を得る機会を逃すことで生じる損失のことを意味します。例えば、ビジネスにおいては、営業面で「買い需要」があって、売る側に売る意志があるにも関わらず、売る側の原因(問題)により、本来もっと売れたはずのものが売れない場合などに生じます。この場合、具体的な問題としては、在庫切れや仕入れ不足、需要の読み間違えによる生産計画の失敗などが挙げられます。

機会損失とは|金融経済用語集

 

 

チャットに変換します

機会損失は、簡単に言えば、「チャット接続を逃してしまった」や「ポイント持ってるお客様がアッチのチャットレディに入ってしまった」のことをいいます。

これは、実際のチャット(パーティー・ツーショット関係なく)によって、発生した損失ではなく、相手のことを考えたメールをするという意思決定をしないことによって、より多くのチャット接続の機会を逃すことで生じる損失のことを意味します。

例えば、ライブチャットにおいては、待機一覧を眺めつつ「誰に入ろうかなー」と考えているお客様がいる、チャットレディ側も「早くチャットに繋がって欲しいよ」という意志があるにも関わらず、チャットレディ側の原因(問題)により、本来もっと接続したはずのものが接続しない場合などに生じます。

この場合、具体的な問題としては、待機映像ややる気、普段からお客様の再訪問を意識した行動ができているかどうかなどが挙げられます。

 


 

これは本当に感じました。

私、8月9月はほとんどお休みをしているんですよね。チャットは2か月の合わせて5日間しか出ていません。

もう嫌になってしまって、体がチャットっていうかパソコン前まで来れないっていう感じ、嫌悪感、吐き気。全てチャットのお客に対する感情ですね。常連すらも嫌で気持ち悪くて...

そんな感じの復帰記事はコチラ>>個人記録 チャット復活してますw - 在宅チャットレディの「裏」ブログ(本家ブログは別にあり)

 

2か月のうちで5日間チャットに出たと書きましたが、この5日目の待機の長さに初めて「やば・・・・・・・・・・・」という焦りが生まれました。

 

でも10月に復帰したときには、ちゃんと売り上げがたった。現に二週間で100万ポイントは余裕で超えていました。

 

嘘だろって思うかもだけど、何をしたっていうとメールです。大量にメールを送りましたw

出演している全サイトを合計するのは少し大変なので、今月一番稼ぎのいいサイトのメール送受信数を計算しました。

【送信の数】

7月 312

8月 13

9月 116

10月 382 (10月17日まで)

 

【受信の数】

7月 202

8月 8

9月 81

10月 268 (10月17日まで)

 

お休みしている8月は、2回チャットをしたのでそのお礼メールの件数でしょうね。

9月に送信数が上がっていますが、最後にチャットをしてヤバイと思って急にメールをし出したのであがってますねw

 

私、過去に月収100万円になった時にしたことを書いたことがあります。コチラ>>在宅チャットレディが月収100万円稼ぐために不足していること

 

しかし、今、この状況で思い返せばめちゃくちゃメールをしていたなって思います。

それも(気持ち悪い表現をしますが)お客様を想ってメールをしてましたw

その人と話したコト、約束したこと、その人が喜びそうなことを、真面目に書いてたように思います。

いや、本当にめちゃくちゃメールしてたな。

決して「チャットに来て欲しい」とは書きませんでした。いついつログインしますとも書きませんでした。

文の流れで「またチャットでみてもらうね!」程度はあったかもしれませんが、相手を想ったからこそ書ける文章だったかな。

 

そこで私がお客様に言われることが

・まりちゃんからのメールは営業メールっぽくない(これを言うお客様は私がメールを送れば必ずチャットに来てくれます)

・メールをもらったからまた来たw(こう言って2日3日と連続で来てくれます)

・なんか気になるあのメールの続き!(特に狙ってないけどこう言って来てくれる人もいます)

 

 

私、本当に貧乏生活しかしたことなくて欲しいものも買えない人生しか知らないので、100万円とか稼げて感謝の気持ちしかなかった、いわゆる純粋だったんでしょうね。(税金高いですけど!!)

それが「慣れ」で感謝の気持ちが薄くなってきた。

つまりコレ>>チャットレディで稼ぐために必要なこと第一位はこれだった件【再認識】 - 在宅チャットレディの「裏」ブログ(本家ブログは別にあり)

 

よく感謝の言葉を口にする、引き寄せ、言霊とか、ちょっとスピリチュアルな世界にあるようなことって、実際は商売の本質なのかもしれないですね。

 

何をもって幸せとするか、その人が満たされるかはわかりません。

お金があっても不幸な人だっている。

でも、感謝の気持ちを忘れてしまっちゃいけないんです。

 

メールは感謝の現れかなって思います。

最近ね、私メールが苦痛じゃないんですよねw

 

この人はパーティーを盛り上げてくれる人なんだよな。

この人はいつも私が待機きついとき来てくれるんだよな。

この人はのぞきしかしないけどすごくささやきポイントくれるんだよな。

この人はパーティー繋がった瞬間にのぞきで来てくれるからありがたいんだよな。

 

感謝の気持ちでメールをします。

 

この人は寂しがり屋さんだったからメール頻度多めでもいいかな。

この人は朝早く仕事に行くからそれに合わせてメールしよう。

この人は漫画ネタが好きだから私も漫画を読もう、とりあえず教えてくれたのを読んで感想をメールしよう。

この人は14時から休憩だから13時30分くらいにお疲れ様メールとレッド●ルの写真でもあげとこ。

 

と相手の今を想像しながらメールが書けます。

 

これしかしてないかな。

あとは、カメラ調整・メイク・服装などの見た目も変えたりしたけど。

一番今月の売り上げに直結してるのってメールだと思います。

 

ということで、メールの話はまた後日